TUBBY

50年代から近年まで根強い人気がある形ではあるが、カラーごとに生地の切り替えや張り合わせを変えており
クリアなフレームではペイズリー柄を彫刻したオリジナルの芯棒がアクセントとなっていたりと、
多彩な角度からのアプローチにより新たに生まれ変わったウェリントン。